スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童手当

児童手当から子ども手当になって児童手当に戻った手当。

我が家では、私にとって非常に面倒な手当。

「父母のうちどちらを子ども手当の受給者とするかについては、子どもの生計を維持する程度が高い者」
が受給者となるため これが 面倒。

よくお役所仕事で融通がきかないとかいう人もいるが
お役所も「法」の「解釈」で相当振り回され、1度その解釈を決めると
よほどのことがないかぎり、その「解釈」を役所は変更しない。
なぜなら、変えてしまうとそれ以前の判断で決定した事項を
やり直すことが難しいからだ。

そのため、新しい「法」がやってくると 悩む。
近辺の自治体はどう判断するつもりなのか 相談しまくり
たいていは近辺の大都市に「習う」ことが多い。

「法」は「国」が決めるから「国」に解釈を指導して欲しいものだが
そんなことをしたら「国」である官公庁がパンクしてしまう。
なら きっちり決めたらとなるんだけど それも大変だ。
融通がもっと利かなくなる。

児童手当で我が家が困るのが

「生計を維持する程度が高い者」

この条件である。

すんでる場所の市では 該当年度の6月の前の年の収入(1月~12月)で判断。
私の働いてる市では 未来の収入想定で判断となる(´・ω・`)・・・つまり各々の市役所で解釈が違ってしまった。

ともあれ私は現在育児休業中ですから 未来で考えれば住んでいる場所で支給していただきたい。
しかし、住んでいる場所は去年の収入で判断するから 変更してね!のお手紙。

私に変更するとなると また1点問題なる。
健康保険証。
これもまた本来扶養者の保険証に子は属することのはずだ。
扶養してることになるなら保険証もか・え・ろ!と私の働いてる市で言い出す。
(その前に、住んでる市と交渉してくれるけれど交渉決裂すると作るわけで・・・・以前は拝み倒して
保険証をかえたこともある。手当は人事関連であるが保険証は別の課が担当で・・・)

そう私は この件で数回苦労しているのでわかっていた。
住んでいる場所では100万以上の差で明らかに違いなければ 
まあ仕方ないねと(世の皆様 残業代などで給与がアゲサゲすることが一般的なので)
住んでいる場所で出してくれることとなった。(当然 交渉した。)

「法」はアバウトにつくられている。「解釈」ができるように・・・といい方向に捕らえつつ
官だからといって 交渉は可能である。
電話にでた人がだめだからといっても 時間が経って別の人と交渉したら
いけることもある。新人だってお仕事してるから、わけわからずダメだしする人もいるし
法の番人のように、こう解釈よ!!と譲らない人もいるのも本当だ。(仕事で苦労したこと度々)

でもアキラメナイ~。敵じゃないので交渉よ~。皆 優しいよ~。
(もう名前書いてあるほうでいいじゃんとかいいたくなるけど法をすり抜けて悪さする人がいるから法は大事です。)

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass
 *
Secret?
(管理者にだけ表示)

Livly Island COR

ブログ内検索

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。