上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長男坊は里帰りする前後から急激に成長を遂げている。
2語文が怪しかったのはつい最近なのに、3語文はふつうに出るのはともかく
こちらの言ってることをほぼ理解するようになった。
毎日毎日、理解度は進み 赤ちゃんの成長速度のようで驚いてばかり。
ただ、ちょっと発音がうまくできないことが多いため
(母音が抜けて子音で発音になってしまうことが多い)
一見おしゃべりがうまくできていないように
みえるが、3年以上やりとりがうまくできない状態を
それが当たり前としてきた私にしてみれば恐ろしい成長である。

1254.jpg

今日はトーマスのおもちゃを手に、そして説明書を持ってきて
電池交換の絵を指さし、「ココねじある」「あけて」「電池」などを
ばあばに説明して、さらにドライバを持ってきて、やってもらおうとしていた。。。

絵を理解し、そして他人に説明している様に母は脱帽である。

先日は1回きた公園へ続く道を通っていたら
こっち行くと仕切りにひっぱっていこうとし
その記憶力の良さに泣いた。(私よりはるかに道がわかるであろう)

発達が遅いことから、これらがふつうなのかなんなのか
私にはわからないけれども
とにかく、息子が成長している姿に感心する日々である。

ともあれ、どういった状態であれ
私にとっては最愛の息子であることには変わりない。
明日は何ができるようになっているか 楽しみであり
できるようになっていなくても それはそれでいいのだ。


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 徒然日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。