発達検査

3歳児検診にて想定どおりひっかかった息子殿は、紹介されて市の児童相談センターにて発達検査を
することになりました。

検査の内容としては遊びの延長みたいなもので
絵を見て 何であるか ( りんごの絵をみてりんご!とか)
からはじまり、
棒にわっか状のものを通したり(時間を計測)
指示どおりにおもちゃを移動したりなどです。

りんごの絵をみて りんごはできるのですが

「箱の上にはさみを置いて」のような説明文になると息子にはさっぱり不明。
箱もしらないだろうが問題なのですが
「水を飲むものをさして」も不明。
となります。2語文がでたばっかりなので難しいのです。

こうして言語関係は1歳児半ちょいの判定。(1歳児6ヶ月検診でやったやつはクリアできる)
2歳まで言葉がでなかったんだからそんなもんでしょうか。

療育でC級と判定されました。
ただ、言葉が遅かったので今後言葉の理解が進めば
ぐんと伸びる時期なのでこの先伸びる可能性が高いですとのこと。
結果を聞いても まあそーだよねえという感じです。
こういうことは、受け入れられるか?がポイントになるだろうとは思いますが
この程度だとはいはーいなくらいです。
どちらかといえば自閉症といわれると思ってたのですがそうじゃなかったところの方が
びっくりしているくらいです。(検査した人へのリアクションなどから、対人面に問題が
みられないとのことでした。新しい道具がでたらそのたびに「わぁ」と喜んだり、できたでしょ?と
ほめてくれとリアクションしてるあたりなどなど)

私の母なぞは、療育手帳をもらってしまったら今後どうなるの!?とあわてていたけど
別に犯罪者じゃないんだから そんなに拒否せんでもと思うのですが
昔はこういうことは知られてなかったことだから 相当異常なことに受け止められるんだろうなあと
いうところでしょう。
うちの市なんか 保育園でこのように発達がおくれているから(3歳になると教室にいる先生の数が
ぐんと減るため目が届かなくなる)
先生を手配(加配)をお願いするサービスがあり、それを今年申請している人が500人!!
なにが普通なんだかわからない時代になりました。(ちなみに手配は、発達が遅れていると
判定のための面談があり、誰でもできるわけではない・・・ないのに500人(1学年150人程度か))

ともあれ今後は療育手帳を申請した場合、5歳頃に再び検査を受けることになります。
それまでにどれだけのびるか?がポイントです。(申請しないと入学直前の判定)
今回C級が75点がラインで息子殿は71点でした。なんともいえない点数ですが
ボーダーで検査が遅れるより、これでいいと思っています。(割合としては1教室に1人いる程度の
遅れの模様)

とにかく、話しかけるしかないので がんばりたいところ・・・ですが
なかなか難しいんだよねえ・・・(・ω・;)
ぼちぼち親子でがんばっていきたいところです。

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass
 *
Secret?
(管理者にだけ表示)

Livly Island COR

ブログ内検索

月別アーカイブ