ゆっくりいきたい


先日は3才児健診でした。当然ながらひっかかり、これを書きながら 検査の予約をしないといけないことを思い出しました。

3才は3語文が通常話せるわけですが、先日2語文になった息子は もう少しかかるわけです。
そもそも 知らない人に
話しかけられても
なかなか応えることがない息子に矢継ぎ早に 質問を浴びせられても、厳しい状態です。
ましてや男性が超苦手。
慣れるまで時間がかかります。
もれなく健康診断の高齢の先生に質問を浴びせられるも無言。
それをみた先生は 「検査だっ」
再度「検査だ!」

いや まあいいんですけど、よくネットで ひどい言われ方をした!とか書き込むお母さんがいるけど こういう感じなことが発生して 心配してる所に バサッと切られた感じに言われると過敏に反応しちゃうよねぇと
思わずにはいられませんでした。他の職員さんは オブラートに包みまくった言い方をするから尚更(無用なトラブルを避けるため)目立つよなぁと。

まぁオブラートに包んでる方式も つまりどうなの?と突っ込みたくなる感じもあり、かといって 正解がきっちりでる話しでもないから 一般的なことしか言えないわけです。
検査をしても 検査機関で結果が違うこともあるでしょう。

なんとも難しい所です。

息子は2語文もありますが、どれ?とかどっち?とか 何?とかの質問にきちんと応えることができません。

食べる?とか 見に行く?とか イエスノーで応えるのはできています。

これはいつになったらできるのかなぁと、できたらまた一段と会話が楽しいにちがいないと思いますが、
美味しい?うん!とか、
相槌を打てるようになったのが最近なわけだから
次の段階!ってあせっても仕方ないなぁと思うところです。

今日も何か レベルアッブして保育園から帰ってくるのかもしれません。

できればもう少し ゆっくり成長を見ていきたいんだけどなぁと思うところです。

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass
 *
Secret?
(管理者にだけ表示)

Livly Island COR

ブログ内検索

月別アーカイブ