魔の2歳児  嵐の3歳児


P1000531.jpg

魔の2歳児  嵐の3歳児と こどもの時期を例えた人がいるようですが
そうね、そうね。。。と思わずにいられない。

私は息子が好きである。
大好きである。

しかしながら、その所業に相当手を妬いている。
保育園に入ってから、意思疎通が前よりできているなあと
嬉しいことも増えた反面

イヤイヤ期のせいか とにかく言うことを聞かない。

先日病院に行った帰りに イオンによったわけだが
買い物がとにかくできない。
その日はこんな感じ。

①カートにのせたところで 降りたいため なんとかして抜け出そうとする。
②靴も靴下も履いていたくないと脱ぐ。
③カートの向かった方向が自分の希望と違うため かんしゃくを起こす。
④あきらめて 自転車で帰りたいが、チャイルドシートにのってくれない。
⑤自転車に乗るから やっぱり靴も靴下も履きたくない。
⑥当然 自転車に乗るからヘルメットをしなくてはならないが つけたくない。
⑦無理やりチャイルドシートに乗せられたが、俺は嫌だとチャイルドシートから抜け出し
走行中にチャイルドシート上で立ち上がる(!!!)
⑧母は腹がたったので、チャイルドシートから降ろし、さらに道路に放置するが
やっぱり 俺はイオンに行きたいとぐずって道路でダダをこねる。

幸い前より 私の言うことはわかるようなので
道路上で延々 
『イオンに行っていいですよ。でも母は帰ります。とても残念ですが、バイバイです。いいですよね?
息子殿は母いらないんですよね?母はナイナイですよね?』
ととにかく 延々説明し、どうぞ立ち上がって向こうへ歩いてください。とさし続けたところ
あきらめて 自転車に乗ることになりました。

母はグッタリして自転車を漕いだわけですが
家に付く頃には 息子殿は疲れて寝ており
荷物と息子を抱えて家に帰り着きました。

重ねて言いますが、私は息子が大好きです。

ニュースで、悲しい事件があるたびに
心も痛い反面、大好きじゃないとこどもを育てるのは
相当きっつい場合があるとも思うわけです。

ちなみに 幼稚園の教員免状も持ってる私は
「子供大好き」なわけではありません。
(嫌いなわけでもない)

息子が大好きなのです。
なので幸せですが
それでも 大変だ~ぁ。と思うわけです。

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass
 *
Secret?
(管理者にだけ表示)

Livly Island COR

ブログ内検索

月別アーカイブ