3ヶ月

本日で90日目です。
一気に時間が過ぎていきます。

身長は約60センチ
体重は約6200g

先日両手を合わせられるようになり
今日は
IMG_1898.jpg
両手でタオルをひっぱれるようになりました。
(足セクシー写真)

毎日毎日成長です。
子供の成長は小さいときが急激でいろんなことを吸収していくのに
保育所とか幼稚園とかに力が注がれていないのが
残念な現実がある というのを大学でよく先生達が嘆いていたのを
思い出します。
 幼稚園の先生たちは 子供の成長にあわせて
毎日カリキュラムを組んでくれていますが、公共の教育機関の援助が少ないと
いう意味です。義務教育のゆとり~なんていってますが乳幼児に対しては
逆に何もアクションしてくれてないという感じです。
今もそうでしょうか。たぶんそうだろうなあ・・・

ちなみに幼稚園の先生は毎日1日毎に
カリキュラムを組みます。
9:00~ ○○を歌う。
    →幼児の反応:想定△△→○○だったら○○をする。
10:00 お砂場で○○を作れるように○○を準備して促す。
    →幼児の反応:想定△△→○○だったら○○をする。


こんな感じに組みます。
OH!NO!です。毎日ですよ。これを手書きで作ってました。
だってパソコン買うお金なんて補助されないんですもん。
女の人が多いから出来ない人も多かった!
今も手書きでしょうか。もーしんどいしんどい。

私は教育実習で毎日これを組むのが苦痛でした。
子供の成長具合 (何歳何ヶ月は何ができるようになるなど)にあわせて
必要な遊び、道具などを考え組むのです。
季節も取り入れるし。センセイたちには脱帽です。

たとえば粘土遊び ではダメ。
粘土でその年齢の子供が何を作れるのかを知って
促さないといけません。
(公的機関の幼稚園は自然に促す感じですが
私立だと「できるようにする」を目的にするとかあるので幼稚園選びは
自分の希望とよくよく照らして選びたいものです。3歳児から
30分朝礼を立って聞くという私立幼稚園もあります。そこは軍隊のようでした・・
しつけはしてくれますよ

最初からモノはつくれないのです。
「粘土をちぎる」「粘土を丸める」「粘土で作ったものを見立てる」
みたいにいろいろあってできることは月齢で違うのです。

こうなってくると乳児も
遊ぶものを月齢単位で用意しないといけません。

・・・

今 お子様はタオルに夢中です。
次はガラガラにいけると思っているのですけど・・
歌はいつからだったかな・・・
教科書実家に残ってないかしら。
と現在検討中です。


あんまり難しく考えたくないので
とにかくあそぶぜーでいきますけども。
それが1番だから。

と、今日はちょっとまじめに書いてみました(・ω・)

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass
 *
Secret?
(管理者にだけ表示)

Livly Island COR

ブログ内検索

月別アーカイブ