グインサーガワールド1

a.jpg

悩んだけどamazonにて購入


2009年5月26日に逝去した栗本薫が遺した大いなる遺産〈グイン・サーガ〉。
その続篇を書き継いでいこうというプロジェクトが始動。

外伝三作同時連載 
○草原の民たちの愛憎を描くミステリロマン「星降る草原」久美沙織
○ノスフェラスに暮らすセム族の冒険譚「リアード武傳奇・伝」牧野修
○沿海州レンティアの陰謀劇「宿命の宝冠」宵野ゆめ

○幻の外伝「ドールの花嫁」栗本薫(途中で書くのをやめた模様)

○知られざる中島梓像に迫るエッセイ(今岡清(夫))

買うか悩んでる人はアマゾンのレビューでも参考にするといいと思いますが
私の結果としては2も買うでしょうでした。

久美沙織さんの文体があまりに栗本さんと違うので
最初は読み進みませんでしたが、慣れてくれば
グインの世界の一端を垣間見れる感じになっていて
問題なくなりました。
星降るは、スカールが誕生した時に草原で起きていたことのお話で
リアード武は、セム族の中にて起きていた事件で
レンティアはそのままですね沿海州で起きていた話
が連載で続きます。

そのあとにて、夫である今岡さんが悩んだであろう彼女(栗本さん)の話を
発表しています。私はああ・・・やっぱりそんな感じの人だったのか・・・という感じで
読めましたが、作者に興味のない人や亡くなった人のことを後からはとか思う人は
この本はダメな気がしました。

私は彼女が望んだように 枝葉となっていろんな人が話を紡いでいくこと
これは彼女の願いなのでいいと思うのでこのプロジェクトを続けられる間は続けてくださいと
思うので購入です。

グイン本編の話が紡がれることはないかもしれませんが
あの世界観を少しでも味わえることは私にとって必要なのでプロジェクト始動ありがとうです。

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass
 *
Secret?
(管理者にだけ表示)

Livly Island COR

ブログ内検索

月別アーカイブ